イラストレーターの仕事|フリーランス

イラストレーターには会社に所属せずにフリーランスで仕事をしている人も多くいます。
フリーランスのイラストレーターは自分で営業して仕事を掴まなければいけないため、会社員よりもある意味で辛いこともあるかもしれません。
でも一度コネを作れればフリーとしてイラストレーターの仕事にありつける可能性もアップ!
今回はフリーランスとしてイラストレーターの仕事を長く続けるためのコツを抑えていきましょう。

青空の下で円陣を組む若者たち8

仕事を多く振ってくれるクライアントには愛想よく!

イラストレーターの仕事はメールなどでやりとりをすることがあります。そのときにあまり固いイメージを与える文面だけでなく、柔らかく穏やかな人柄を感じさせる一文を添えてみましょう。
もちろん初対面でいきなりゆるいイメージを持たれるのはマズイので、あくまで数回仕事を振ってくれて緊張がほぐれてきたら適度に愛想を入れてみてくださいね!

仕事は断らない!でもできない仕事は無理しない!

フリーランスになったばかりのイラストレーターは基本的に仕事は断らないようにしましょう。
でもスケジュールや予算・技術など「自分には絶対にできない」仕事であった場合は丁寧にお断りしてください。
無理な仕事を受けてしまうと結果的にクライアントさんに迷惑をかけかねません。
もちろん気に入らない仕事だからと言って選り好みをしすぎると仕事を振ってもらえなくなるので要注意!

まとめ

フリーランスに回ってくるイラストレーターの仕事はすべてが良いものとは限りません。しかしフリーランスとしてイラストレーターの仕事を長く続けるためには下積みをして経験値を積んで重要なことを学んでいく必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする